Language Switcher

Japanese English

japaneseenglish

News

04, 04, 2017

Updated the Japanese article and the English article.

16, 03, 2017

I have published a book in Japanese.

27, 01, 2017

I have published 2 books in Japanese.

05, 07, 2016

I have created a new page of "House of Morioka".

002

009

011

021

013

sekai

  • “Japan and the South China Sea in the Context of New East Asian Power Relations” edited by Tran Truong Thuy and Le Thuy Trang, Power, Law and Maritime Order in the South China Sea, Lexington Books, 2015, pp. 77~90
  • “Japanese Foreign Policy: Abe II and beyond: With a future Perspective of Japan-Korea Relations” Takashi Inoguchi edited Japanese and Korean Politics: Alone and Apart from Each Other, Palgrave Macmillan, 2015, pp.195~220
  • “Japanese Historical Memory”, Yoichi Funabashi edited Examining Japan’s Lost Decades, Routledge, 2015, pp.252~273
  • “IR Theory and Asia Studies: The 1990s”, Gilbert Rozman edited Misunderstanding Asia: International Relations Theory and Asian Studies over Half A Century, Palgrave Macmillan, 2015, pp.107~124
  • “Chinese Civilization and Foreign Policy” Francois Godement edited How Do Asian See Their Future? European Council on International Relations (ecfr.eu), April 2015, pp.79~83
  • “Japan’s politics shifting to the liberal center in 2015?” January 7, 2015
  • “Abe takes a step towards reconciliation in US visit” May 2, 2015
  • “Japan must face history to move forward” August 9, 2015
  • “Relief, surprise and ambiguity in Abe’s war apology” August 17, 2015
  • "Regional security cooperation in East Asia: what can Japan and Australia usefully do together?" Journal of Australian International Affairs Vol.65 No1 February 2011, pp.40–60
    「東アジア地域協力:日豪協力の課題」「オーストラリア国際関係誌」65号No1、2011年2月、40–60ページ
  • "The inside story of the negotiations on the Northern Territories: five lost window of opportunity" Japan Forum Vol. 23 No1 March 2011, pp.123–145
    「北方領土交渉秘録:失われた五度の機会」「ジャパン・フォーラム」23号No1、2011年3月、123–145ページ
  • "Development of Japan's Historical Memory: The San Francisco Peace Treaty and the Murayama Statement in Future Perspective" Asian Perspective Vol.35, No3, 2011, pp.337–360
    「日本の歴史認識の発展:サンフランシスコ平和条約と村山談話の将来展望」「アジアの展望」35号No3、2011年、337–360ページ
  • "Japan's Historical Memory toward the United States", Gilbert Rozman ed. U.S. Leadership, History, and Bilateral Relations in Northeast Asia, Cambridge University Press, 2011, pp.17–44
    「アメリカに対する日本の歴史認識」ギルバート・ローズマン編「北東アジアにおける米国の指導力、歴史及び二国間関係」ケンブリッジ大学出版、2011年、17–44ページ
  • "Japan-South Korea Relations and the Role of the United States on History", Gilbert Rozman ed. U.S. Leadership, History, and Bilateral Relations in Northeast Asia, Cambridge University Press, 2011, pp.97–123
    「歴史問題に関する日韓関係と米国の役割」ギルバート・ローズマン編「北東アジアにおける米国の指導力、歴史及び二国間関係」ケンブリッジ大学出版、2011年、97–123ページ
  • "Japan's Foreign Policy under De´tente : Relations with China and the Soviet Union, 1971–1973" , Tsuyoshi Hasegawa ed., The Cold War in East Asia 1945–1991, Woodrow Wilson Center Press and Stanford University Press, 2011, pp.180–212
    「デタント下の日本の外交政策:1971年から1973年の中国及びソ連との関係」長谷川毅編「東アジアにおける冷戦:1945年–1991年」ウッドロー・ウイルソン・センター出版及びスタンフォード大学出版、2011年、180–212ページ
  • “The Role of Individuals in International Relations Theory: With a Tentative Analysis of Yukio Hatoyama”, The Bulletin of the Institute for World Affairs, Kyoto Sangyo University, No.27, Dec.2011, pp. 63–86
    「国際関係論における個人の役割:2009年の鳩山由紀夫氏についての試論とともに」京都産業大学世界問題研究所紀要第27巻2011年12月、63–86ページ
  • “The Assertive Conservative Right in Japan: Their Formation and Perspective" The SAIS Review of International Affairs, Winter-Spring 2010, Volume XXX, No.1, pp.77–90
    「主張する保守的右派:形成と展望」「SAIS国際関係レビュー」2010年 冬・春号, XXX, No.1, 77–90ページ
  • “A Japanese Perspective on Asian Regional Cooperation: Seen through the Lens of Sino-Japanese Relations", Shanghai Forum Series 2009, Financial Crisis and Asia's International Relations, pp.82–103, published in May 2010
    「日本の視点からみたアジアの地域協力:日中関係のレンズから見て」上海フォーラム・シリーズ2009「金融危機とアジアの国際関係」82–103ページ, 2010年5月出版
  • "Japan must acknowledge 'territorial issue' over islands" Asahi Shimbun, October 1, 2010
    「『領土問題ない』の再考を」「朝日新聞」2010年10月1日
  • "Medvedev signals intention to enhance Russian presence" Asahi Shimbun, December 14, 2010
    「メドベージェフは『四島ロシア化』へ意思表示」「朝日新聞」2010年12月14日
  • “PhD manuscript in Humanities as of May 26, 2009” (博士論文, 人文科学分野, 2009年5月26日)
  • “It is time to discuss this more frankly” Japan Times, August 9, 2009 「もっと率直に話し合う時期がきた」ジャパン・タイムズ, 2009年8月9日
  • “Japan’s historical memory: “Overcoming polarization toward Synthesis”, in East Asia’s Haunted Present: Historical Memories and the resurgence of Nationalism, co-edited with Tsuyoshi Hasegawa, Praeger, Westport, 2008, pp.59-80
    「日本の歴史問題:分裂を乗り越えて総合へ」, 長谷川毅教授と共編「苦悩する東アジアの現代:歴史の記憶とナショナリズム」, プラーガーウェストポート, 2008年 59–80ページ
  • “Comfort women: deep polarization in Japan on facts and morality”, in East Asia’s Haunted Present: Historical Memories and the resurgence of Nationalism, co-edited with Tsuyoshi Hasegawa, Praeger, Westport, 2008, pp.142-162
    「慰安婦問題:事実関係と道徳観に関する分極化」, 長谷川毅教授と共編「苦悩する東アジアの現代:歴史の記憶とナショナリズム」, プラーガー ウェストポート, 2008年 142–162ページ
  • “Japan’s Foreign Policy: Achievements and Future Directions”, in Japan Aktuell Vol. XVI, No.2/2008, German Institute of Global and Area Studies, pp.38-53
    「日本外交が成し遂げた事と今後の方向性」, ドイツ・グローバル及び地域研究所「現代日本, 第16巻, 2008年No.2」 38–53ページ
  • “Japan and the New Security Structures of Asian Multilateralism”, in Kent Calder and Francis Fukuyama ed. East Asian Multilateralism: Prospects for Regional Stability, Baltimore, The Johns Hopkins University Press, 2008, pp.168-192
    「日本とアジア多国間主義の新安全保障構造」ケント・カルダー及びフランシス・フクヤマ編「東アジアの多国間主義:地域安定化への展望」バルチモア, ジョン・ホプキンス大学出版, 2008年 168–192ページ
  • “The Contemporary Implications of the Russo-Japanese War: A Japanese Perspective”, Steven Ericson and Allen Hockley ed., The Treaty of Portsmouth and its Legacies, Hanover, Dartmouth College Press, 2008, pp.157-182
    「日露戦争の現代的意義:日本からの視点」スティーヴン・エリクソン及びアレン・ホックレー編「ポーツマス条約とその遺産」ハノーヴァー, ダートマス大学出版, 2008年 157–182ページ
  • “Wrestling with a Guilty Verdict” Japan Times, November 9, 2008
    「有罪判決と格闘して」ジャパン・タイムズ, 2008年11月9日
  • “Japan’s Historical Memory: Reconciliation with Asia” The Asia-Pacific Journal, Vol. 52-4-08, December 23, 2008.
    「日本の歴史的記憶:アジアとの和解」「アジア・太平洋誌:ジャパン・フォーカス」52号-4-08, 2008年12月23日
  • “Japan’s Strategic Thinking in the Second Half of the 1990’s”, in Gilbert Rozman, Kazuhiko Togo and Jody Ferguson ed., Japan’s Strategic Thought toward Asia, Palgrave, 2007, pp.79-108
    「1990年代後半の日本の戦略思考」, ギルバート・ローズマン, 東郷和彦, ジョディ・ファーガソン共編「日本のアジアに対する戦略思考」パルグレーヴ, 2007年 79–108ページ
  • “A Moratorium on Yasukuni”, the Far Eastern Economic Review, June 2006, pp.5-15
    「靖国訪問のモラトリウム」,「ファーイースタン・エコノミック・レヴュー」2006年6月号 5–15ページ
  • “Russian Strategic Thinking toward Asia, 1996-1999”, in Gilbert Rozman, Kazuhiko Togo and Joseph Ferguson ed., Russian Strategic Thought toward Asia, Palgrave, 2006, pp.75-110
    「1996-1999年のロシアのアジアに対する戦略思考」, ギルバート・ローズマン, 東郷和彦, ジョディ・ファーガソン共編「ロシアのアジアに対する戦略思考」, パルグレーヴ, 2006年 75–110ページ
  • “Greater Self-Assertion and Nationalism in Japan”, The Copenhagen Journal of Asian Studies, Asia Research Centre, October 2005, pp.8-45
    「日本における一層の自己主張とナショナリズム」, アジア研究所「コペンハーゲンアジア研究」2005年10月号 8–45ページ
  • “Japan and ASEM”, The Eurasian Space, Far More Than Two Continents, ed. Wim Stokhof, Paul van der Velde, Yeo Lay Hwee, IIAS/ISEAS Series on Asia, Singapore, 2004, pp.155-171
    「日本とASEM」, ストックホフ他編「ユーラシアの空間」IIAS/ISEASアジア・シリーズ, シンガポール, 2004年 155–171ページ
  • “Russian security policy in East Asia”, Militaire Spectator, Dutch Defense Ministry, October 2004, The Hague, pp.500-529
    「ロシアの安全保障政策」, オランダ国防省「ミリタリ・スペクテーター」2004年10月号 500–529ページ
  • “Time for a change in Japan, The security and defense policy under national debate”, Militaire Spectator, Dutch Defense Ministry, December 2004, The Hague, pp.593-607
    「日本における変革の時:国民的議論の下における安全保障と防衛政策」, オランダ国防省「ミリタリ・スペクテーター」2004年12月号 593–607ページ
  • “Japan-Russia Relations in the Early 21st Century” Japan and Its Neighbors, European Japan Experts Association, Berlin, 2004, pp.41-50
    「21世紀初めの日露関係」, 日欧専門家連盟「日本とその隣国」, ベルリン, 2004年 41–50ページ

Language Switcher

Japanese English

japaneseenglish

News

04, 04, 2017

Updated the Japanese article and the English article.

16, 03, 2017

I have published a book in Japanese.

27, 01, 2017

I have published 2 books in Japanese.

05, 07, 2016

I have created a new page of "House of Morioka".

002

009

011

021

013

sekai

Language Switcher

Japanese English

japaneseenglish

News

04, 04, 2017

Updated the Japanese article and the English article.

16, 03, 2017

I have published a book in Japanese.

27, 01, 2017

I have published 2 books in Japanese.

05, 07, 2016

I have created a new page of "House of Morioka".

002

009

011

021

013

sekai

  • “Japan and the South China Sea in the Context of New East Asian Power Relations” edited by Tran Truong Thuy and Le Thuy Trang, Power, Law and Maritime Order in the South China Sea, Lexington Books, 2015, pp. 77~90
  • “Japanese Foreign Policy: Abe II and beyond: With a future Perspective of Japan-Korea Relations” Takashi Inoguchi edited Japanese and Korean Politics: Alone and Apart from Each Other, Palgrave Macmillan, 2015, pp.195~220
  • “Japanese Historical Memory”, Yoichi Funabashi edited Examining Japan’s Lost Decades, Routledge, 2015, pp.252~273
  • “IR Theory and Asia Studies: The 1990s”, Gilbert Rozman edited Misunderstanding Asia: International Relations Theory and Asian Studies over Half A Century, Palgrave Macmillan, 2015, pp.107~124
  • “Chinese Civilization and Foreign Policy” Francois Godement edited How Do Asian See Their Future? European Council on International Relations (ecfr.eu), April 2015, pp.79~83
  • “Japan’s politics shifting to the liberal center in 2015?” January 7, 2015
  • “Abe takes a step towards reconciliation in US visit” May 2, 2015
  • “Japan must face history to move forward” August 9, 2015
  • “Relief, surprise and ambiguity in Abe’s war apology” August 17, 2015
  • "Regional security cooperation in East Asia: what can Japan and Australia usefully do together?" Journal of Australian International Affairs Vol.65 No1 February 2011, pp.40–60
    「東アジア地域協力:日豪協力の課題」「オーストラリア国際関係誌」65号No1、2011年2月、40–60ページ
  • "The inside story of the negotiations on the Northern Territories: five lost window of opportunity" Japan Forum Vol. 23 No1 March 2011, pp.123–145
    「北方領土交渉秘録:失われた五度の機会」「ジャパン・フォーラム」23号No1、2011年3月、123–145ページ
  • "Development of Japan's Historical Memory: The San Francisco Peace Treaty and the Murayama Statement in Future Perspective" Asian Perspective Vol.35, No3, 2011, pp.337–360
    「日本の歴史認識の発展:サンフランシスコ平和条約と村山談話の将来展望」「アジアの展望」35号No3、2011年、337–360ページ
  • "Japan's Historical Memory toward the United States", Gilbert Rozman ed. U.S. Leadership, History, and Bilateral Relations in Northeast Asia, Cambridge University Press, 2011, pp.17–44
    「アメリカに対する日本の歴史認識」ギルバート・ローズマン編「北東アジアにおける米国の指導力、歴史及び二国間関係」ケンブリッジ大学出版、2011年、17–44ページ
  • "Japan-South Korea Relations and the Role of the United States on History", Gilbert Rozman ed. U.S. Leadership, History, and Bilateral Relations in Northeast Asia, Cambridge University Press, 2011, pp.97–123
    「歴史問題に関する日韓関係と米国の役割」ギルバート・ローズマン編「北東アジアにおける米国の指導力、歴史及び二国間関係」ケンブリッジ大学出版、2011年、97–123ページ
  • "Japan's Foreign Policy under De´tente : Relations with China and the Soviet Union, 1971–1973" , Tsuyoshi Hasegawa ed., The Cold War in East Asia 1945–1991, Woodrow Wilson Center Press and Stanford University Press, 2011, pp.180–212
    「デタント下の日本の外交政策:1971年から1973年の中国及びソ連との関係」長谷川毅編「東アジアにおける冷戦:1945年–1991年」ウッドロー・ウイルソン・センター出版及びスタンフォード大学出版、2011年、180–212ページ
  • “The Role of Individuals in International Relations Theory: With a Tentative Analysis of Yukio Hatoyama”, The Bulletin of the Institute for World Affairs, Kyoto Sangyo University, No.27, Dec.2011, pp. 63–86
    「国際関係論における個人の役割:2009年の鳩山由紀夫氏についての試論とともに」京都産業大学世界問題研究所紀要第27巻2011年12月、63–86ページ
  • “The Assertive Conservative Right in Japan: Their Formation and Perspective" The SAIS Review of International Affairs, Winter-Spring 2010, Volume XXX, No.1, pp.77–90
    「主張する保守的右派:形成と展望」「SAIS国際関係レビュー」2010年 冬・春号, XXX, No.1, 77–90ページ
  • “A Japanese Perspective on Asian Regional Cooperation: Seen through the Lens of Sino-Japanese Relations", Shanghai Forum Series 2009, Financial Crisis and Asia's International Relations, pp.82–103, published in May 2010
    「日本の視点からみたアジアの地域協力:日中関係のレンズから見て」上海フォーラム・シリーズ2009「金融危機とアジアの国際関係」82–103ページ, 2010年5月出版
  • "Japan must acknowledge 'territorial issue' over islands" Asahi Shimbun, October 1, 2010
    「『領土問題ない』の再考を」「朝日新聞」2010年10月1日
  • "Medvedev signals intention to enhance Russian presence" Asahi Shimbun, December 14, 2010
    「メドベージェフは『四島ロシア化』へ意思表示」「朝日新聞」2010年12月14日
  • “PhD manuscript in Humanities as of May 26, 2009” (博士論文, 人文科学分野, 2009年5月26日)
  • “It is time to discuss this more frankly” Japan Times, August 9, 2009 「もっと率直に話し合う時期がきた」ジャパン・タイムズ, 2009年8月9日
  • “Japan’s historical memory: “Overcoming polarization toward Synthesis”, in East Asia’s Haunted Present: Historical Memories and the resurgence of Nationalism, co-edited with Tsuyoshi Hasegawa, Praeger, Westport, 2008, pp.59-80
    「日本の歴史問題:分裂を乗り越えて総合へ」, 長谷川毅教授と共編「苦悩する東アジアの現代:歴史の記憶とナショナリズム」, プラーガーウェストポート, 2008年 59–80ページ
  • “Comfort women: deep polarization in Japan on facts and morality”, in East Asia’s Haunted Present: Historical Memories and the resurgence of Nationalism, co-edited with Tsuyoshi Hasegawa, Praeger, Westport, 2008, pp.142-162
    「慰安婦問題:事実関係と道徳観に関する分極化」, 長谷川毅教授と共編「苦悩する東アジアの現代:歴史の記憶とナショナリズム」, プラーガー ウェストポート, 2008年 142–162ページ
  • “Japan’s Foreign Policy: Achievements and Future Directions”, in Japan Aktuell Vol. XVI, No.2/2008, German Institute of Global and Area Studies, pp.38-53
    「日本外交が成し遂げた事と今後の方向性」, ドイツ・グローバル及び地域研究所「現代日本, 第16巻, 2008年No.2」 38–53ページ
  • “Japan and the New Security Structures of Asian Multilateralism”, in Kent Calder and Francis Fukuyama ed. East Asian Multilateralism: Prospects for Regional Stability, Baltimore, The Johns Hopkins University Press, 2008, pp.168-192
    「日本とアジア多国間主義の新安全保障構造」ケント・カルダー及びフランシス・フクヤマ編「東アジアの多国間主義:地域安定化への展望」バルチモア, ジョン・ホプキンス大学出版, 2008年 168–192ページ
  • “The Contemporary Implications of the Russo-Japanese War: A Japanese Perspective”, Steven Ericson and Allen Hockley ed., The Treaty of Portsmouth and its Legacies, Hanover, Dartmouth College Press, 2008, pp.157-182
    「日露戦争の現代的意義:日本からの視点」スティーヴン・エリクソン及びアレン・ホックレー編「ポーツマス条約とその遺産」ハノーヴァー, ダートマス大学出版, 2008年 157–182ページ
  • “Wrestling with a Guilty Verdict” Japan Times, November 9, 2008
    「有罪判決と格闘して」ジャパン・タイムズ, 2008年11月9日
  • “Japan’s Historical Memory: Reconciliation with Asia” The Asia-Pacific Journal, Vol. 52-4-08, December 23, 2008.
    「日本の歴史的記憶:アジアとの和解」「アジア・太平洋誌:ジャパン・フォーカス」52号-4-08, 2008年12月23日
  • “Japan’s Strategic Thinking in the Second Half of the 1990’s”, in Gilbert Rozman, Kazuhiko Togo and Jody Ferguson ed., Japan’s Strategic Thought toward Asia, Palgrave, 2007, pp.79-108
    「1990年代後半の日本の戦略思考」, ギルバート・ローズマン, 東郷和彦, ジョディ・ファーガソン共編「日本のアジアに対する戦略思考」パルグレーヴ, 2007年 79–108ページ
  • “A Moratorium on Yasukuni”, the Far Eastern Economic Review, June 2006, pp.5-15
    「靖国訪問のモラトリウム」,「ファーイースタン・エコノミック・レヴュー」2006年6月号 5–15ページ
  • “Russian Strategic Thinking toward Asia, 1996-1999”, in Gilbert Rozman, Kazuhiko Togo and Joseph Ferguson ed., Russian Strategic Thought toward Asia, Palgrave, 2006, pp.75-110
    「1996-1999年のロシアのアジアに対する戦略思考」, ギルバート・ローズマン, 東郷和彦, ジョディ・ファーガソン共編「ロシアのアジアに対する戦略思考」, パルグレーヴ, 2006年 75–110ページ
  • “Greater Self-Assertion and Nationalism in Japan”, The Copenhagen Journal of Asian Studies, Asia Research Centre, October 2005, pp.8-45
    「日本における一層の自己主張とナショナリズム」, アジア研究所「コペンハーゲンアジア研究」2005年10月号 8–45ページ
  • “Japan and ASEM”, The Eurasian Space, Far More Than Two Continents, ed. Wim Stokhof, Paul van der Velde, Yeo Lay Hwee, IIAS/ISEAS Series on Asia, Singapore, 2004, pp.155-171
    「日本とASEM」, ストックホフ他編「ユーラシアの空間」IIAS/ISEASアジア・シリーズ, シンガポール, 2004年 155–171ページ
  • “Russian security policy in East Asia”, Militaire Spectator, Dutch Defense Ministry, October 2004, The Hague, pp.500-529
    「ロシアの安全保障政策」, オランダ国防省「ミリタリ・スペクテーター」2004年10月号 500–529ページ
  • “Time for a change in Japan, The security and defense policy under national debate”, Militaire Spectator, Dutch Defense Ministry, December 2004, The Hague, pp.593-607
    「日本における変革の時:国民的議論の下における安全保障と防衛政策」, オランダ国防省「ミリタリ・スペクテーター」2004年12月号 593–607ページ
  • “Japan-Russia Relations in the Early 21st Century” Japan and Its Neighbors, European Japan Experts Association, Berlin, 2004, pp.41-50
    「21世紀初めの日露関係」, 日欧専門家連盟「日本とその隣国」, ベルリン, 2004年 41–50ページ

Language Switcher

Japanese English

japaneseenglish

News

04, 04, 2017

Updated the Japanese article and the English article.

16, 03, 2017

I have published a book in Japanese.

27, 01, 2017

I have published 2 books in Japanese.

05, 07, 2016

I have created a new page of "House of Morioka".

002

009

011

021

013

sekai